研究実施のお知らせ

2020/3/30

「こどもの健康を守るための大規模出生前コホート立ち上げ可能性の検証」研究を行います

2019年2月1日以降 三宅医院に入院された妊婦の皆様
2020年3月1日以降 サン・クリニックに入院された妊婦の皆様
「こどもの健康を守るための大規模出生前コホート立ち上げ可能性の検証」研究へご協力のお願い


研究機関名 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
研究機関長 大塚 愛二

研究責任者 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科社会環境生命科学専攻
総合社会医科学講座疫学・衛生学分野           教授 賴藤 貴志

研究分担者                                                                                                     岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 産科・婦人科分野   教授 増山 寿
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 小児医科学分野    教授 塚原 宏一
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 小児医科学分野    教授 小林 勝弘
岡山大学病院新医療研究開発センター           准教授 櫻井 淳

共同研究機関
国立病院機構岡山医療センター   産科         医長 多田 克彦
国立病院機構岡山医療センター   新生児科       医長 影山 操

1.研究の概要
1) 研究の背景および目的
胎児や小児では、母体・生活・医療・化学物質・社会などの環境要因により、健康・成長・発達の面において影響を受けやすく、またその負荷は一生続くという特徴があります。今回の研究では、三宅医院(岡山県岡山市)で2019年2月1日以降に、またサン・クリニック(岡山県岡山市)で2020年3月1日以降に、入院・出産されたお母様の妊娠・分娩時の情報と、お生まれになったお子様の出生時の情報及びお父様の情報のデータを集め、こどもの健康を守るための大規模な出生前コホートの立ち上げが可能かどうかの検証をいたします。
*コホートとは、研究の対象となる特定の集団を意味しており、コホート研究とは、コホートを一定期間追跡することで、人々を取り巻く様々な環境と健康状態との関係を調査する研究のことです。

2) 予想される医学上の貢献及び研究の意義
将来的に中四国をカバーする大規模出生前コホートを確立することができれば、ビッグデータを解析することによって、国内外の母子保健にとって、大変有意義な情報を提供することができます。

2.研究の方法
1) 研究対象者
2019年2月1日から2022年1月30日の間に三宅医院において入院をされたお母様とそのお子様、およびお父様の約9,000名
2020年3月1日から2022年1月30日の間にサン・クリニックにおいて入院をされたお母様とそのお子様、およびお父様の約2,100名

2) 研究期間
2019年2月1日~2022年3月31日

3) 研究方法
2019年2月1日から2022年1月30日の間に三宅医院に、また2020年3月1日から2022年1月30日の間にサン・クリニックに入院され、同意をいただいたお母様、お父様に、ご自身で質問紙への記入をしていただきます。その後、通常の診療で得られる情報と質問紙から得られた情報をデータベース化していきます。

4) 使用する情報
この研究に使用する情報として、質問紙の内容に加えてカルテから以下の情報を抽出し使用させていただきますが、氏名、住所、電話番号などのあなたを直ちに特定できる情報は削除し使用します。また、あなたの情報などが漏洩しないようプライバシーの保護には細心の注意を払います。
1)基本情報(母):氏名, 住所,電話番号, 生年月日,年齢,身長,非妊娠時体重,結婚状態, 職業,最終学歴, 予定日,予定日起算,CRLによる予定日起算,経産,既往帝切,初診週数, 紹介有無, 里帰り有無, 自身の出生時体重, 既往歴有無と内容, アレルギーの有無と内容, 常用薬の有無,飲酒,喫煙の有無(本数), 家族の既往歴(高血圧, 糖尿病, 心疾患)
2)基本情報(父) :生年月日,年齢, 職業,最終学歴, 身長, 出生時体重, 喫煙の有無(本数)
3)入院時記録 :入院日,初覚陣痛開始年月日,破水開始年月日,入院時体重,体重増加,血圧
4)妊娠経過  :妊娠成立理由,不妊治療内容,母体合併症の有無(内容)(変化),妊娠中母体異常の有無(内容),妊娠中投薬の有無
5)分娩記録 :誘発・促進,単胎・多胎,分娩日,分娩時刻,分娩所要時間,分娩週数,分娩日数,分娩様式,胎位,分娩時診断,分娩時出血量
6)児情報   :生産・死産,性別,アプガール(1分,5分), 体重, 身長, 胸囲, 頭囲,奇形の有無と内容,胎盤重量, 胎盤異常,UApH,UVpH, 新生児搬送の有無, クベース収容の有無と適応

 

5) 情報の保存、二次利用
この研究に使用した情報は、研究の中止または研究終了後20年間、三宅医院内及びサン・クリニック内において保存させていただきます。電子情報はパスワード等で制御されたコンピューターに保存し、質問紙は情報入力後廃棄致します。なお、保存した情報を用いて新たな研究を行う際は、倫理委員会にて承認を得ます。

6) 研究計画書および個人情報の開示
あなたのご希望があれば、個人情報の保護や研究の独創性の確保に支障がない範囲内で、この研究計画の資料等を閲覧または入手することができますので、お申し出ください。
この研究にご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。また、あなたの情報が研究に使用されることについて、ご了承いただけない場合には研究対象としませんので、2022年2月28日までの間に下記の連絡先までお申し出ください。この場合も診療など病院サービスにおいて皆様に不利益が生じることはありません。

<問い合わせ・連絡先>
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 社会環境生命科学専攻 総合社会医科学講座            疫学・衛生学分野                                                           教授 頼藤 貴志
(平日)電話/ファックス:086-235-7170(9時~17時)
(土日祝日夜間)電話/ファックス:086-235-7170(留守番電話)

<研究組織>
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科  産科・婦人科分野  教授 増山 寿
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 小児医科学分野    教授 塚原 宏一
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 小児医科学分野    教授 小林 勝弘
岡山大学病院新医療研究開発センター           准教授 櫻井 淳

共同研究機関
国立病院機構岡山医療センター   産科         医長 多田 克彦
国立病院機構岡山医療センター   新生児科       医長 影山 操

データ提供機関
三宅医院                          院長 三宅 貴仁
サン・クリニック                      院長 山縣 威日

2020/3/27

「岡山市における救急搬送の現状と要因に関する研究」を行います

2009年1月1日~2019年12月31日の間に
岡山市において救急搬送された方及びそのご家族の方へ
―「岡山市における救急搬送の現状と要因に関する研究」へご協力のお願い―

研究機関名 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
研究機関長 研究科長 大塚 愛二

研究責任者 
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野 教授 頼藤貴志
研究分担者 
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 公衆衛生学分野 教授 神田秀幸
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 救命救急・災害医学分野 教授 中尾篤典        
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 救命救急・災害医学分野 准教授 内藤宏道
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野 助教 鈴木越治
岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野 大学院生 藤本竜平

1.研究の概要
1) 研究の背景および目的
   様々な疾病による救急搬送は、種々の環境要因の影響を受けています。私たちは、以前、2006年から2010年に岡山市内において救急搬送された方を対象として、大気汚染物質(浮遊粒子状物質)、黄砂、気温による救急搬送への影響について調査しました。その結果、大気汚染濃度が上昇すると循環器系や呼吸器系による救急搬送が増加しているということが分かりました。今回その研究から約10年経ち、大気汚染物質でもより粒の細かい微小粒子状物質(PM2.5)が測定され始めたこと、また岡山市でも被害の大きかった2018年の豪雨災害を受け、再度下記目的を達成するための研究を計画しました。
岡山市消防局救急課における救急搬送記録に基づき、岡山市において2009年1月~2019年12月に救急搬送された全ての方を対象として、救急搬送記録のデータを取得し、救急搬送の現状について調査します。また、大気汚染、黄砂、気温、災害、地域性などの環境要因が、救急搬送(内因性救急搬送、循環器救急搬送、呼吸器救急搬送)に及ぼす影響を検討することで、病気にかかる危険性の高い集団を特定することを目的としています。

2) 予想される医学上の貢献及び研究の意義
 救急搬送の危険性を増加させる要因を検討し、評価することで、効果的な救急搬送の予防対策を講じることができる可能性があります。

2.研究の方法
1) 研究対象者
2009年1月1日~2019年12月31日の間に岡山市において救急搬送された方約22万名を研究対象とします。

2) 研究期間
2020年3月開催の倫理委員会承認後~2025年3月31日

3) 研究方法
2009年1月1日~2019年12月31日の間に岡山市において救急搬送された方を対象に、救急搬送の現状を分析し、病気がどのような環境要因により引き起こされるのかを調べます。

4) 使用する情報
この研究に使用する情報として、岡山市救急搬送記録から以下の情報を抽出し使用させていただきます。データは、岡山市消防局警防部救急課にて、既に氏名、生年月日などのあなたを直ちに特定できる情報は削除され、個人が特定できない状態になっています。また、あなたの情報が漏洩しないようプライバシーの保護には細心の注意を払います。

 
岡山市救急搬送記録における項目
曜日・祝祭日・年号・性別・町名一覧・居住区分・発生場所・発生個所・受傷形態・傷病名(小分類)・傷病程度・既往歴・特定行為(処置)・未処置内容・指示病院・心電図波形・容態 意識・呼吸・脈拍・市民応急手当
ウツタイン関係に関する項目 
応急手当実施者・バイスタンダー・予後調査・非心原性区分・特定行為(処置)・脳機能分類(CPC)・全身機能分類(OPC)

5) 外部への情報の提供
   この研究に使用する情報は、以下の共同研究機関に提供させていただきます。提供の際、氏名、生年月
  日などのあなたを直ちに特定できる情報は削除し、提供させていただきます。
   
   広島大学大学院国際協力研究科

6) 情報の保存、二次利用
この研究に使用した情報は、研究の中止または研究終了後5年間、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科頼藤研究室で保存させていただきます。電子情報の場合はパスワード等で制御されたコンピューターに保存し、その他の情報は施錠可能な保管庫に保存します。また、本研究で得られた情報を将来の研究に用いる可能性はありません。

7) 研究計画書および個人情報の開示
あなたのご希望があれば、個人情報の保護や研究の独創性の確保に支障がない範囲内で、この研究計画の資料等を閲覧または入手することができますので、お申し出ください。
この研究は氏名、生年月日などのあなたを直ちに特定できるデータをわからない形にして、学会や論文で発表しますので、ご了解ください。

この研究にご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。また、あなたの情報が研究に使用されることについて、あなたもしくは代理人(配偶者、父母、兄弟姉妹、子・孫、祖父母、同居の親族又はそれら近親者に準ずると考えられる者(未成年者を除く。))の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、2020年6月30日までの間に下記の連絡先までお申し出ください。この場合も皆様に不利益が生じることはありません。

<問い合わせ・連絡先>
 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科社会環境生命科学専攻 総合社会医科学講座 疫学・衛生学分野
 教授 賴藤 貴志
 連絡先:086-235-7173 (平日9:00~18:00)
ファックス:086-235-7178

<研究組織>
研究代表機関名 岡山大学
研究代表責任者 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 社会環境生命科学専攻 総合社会医科学講座  疫学・衛生学分野 教授  賴藤 貴志

共同研究機関  広島大学大学院国際協力研究科 准教授 鹿嶋 小緒里
情報の提供のみを行う機関 岡山市消防局 警防部 救急課 課長補佐 長谷井 浩

2019/11/13

「承認統計21世紀出生時縦断調査を利用した, 様々な環境要因の小児の健康・成長・発達への影響評価」研究を行います

研究機関名 岡山大学
責任研究者 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野
      教  授 賴藤 貴志
分担研究者 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 小児医科学分野
      教  授 塚原 宏一
      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 小児医科学分野発達神経病態学領域
      教 授 小林 勝弘
      岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科    
      准 教 授 松尾 俊彦
      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野 
      助  教 鈴木 越治
      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野 
      院生 村田 亜紀子 
      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野 
      院生 中村 和恵  
      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野 
      院生 松本 尚美  
      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野 
      院生 有吉 真季子 
      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 麻酔・蘇生学分野 
      非常勤研究員 門野 友美  
      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野 
      院生 豊岡 晃輔  
      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野 
      院生 中畑みさき
      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 小児医科学分野 
      院生 籔内 俊彦
      岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 小児医科学分野  
      院生 大山 麻美
共同研究機関 
      国立病院機構 岡山医療センター  院長     医師 久保 俊英
      国立病院機構 岡山医療センター  新生児科医長 医師 中村 信
      国立病院機構 岡山医療センター  新生児科   医師 竹内 章人
      国立病院機構 岡山医療センター  新生児科   医師 玉井 圭
      国立病院機構 岡山医療センター  小児科    医師 藤永 祥子
      ノートルダム清心女子大学 人間生活学部食品栄養学科 
      准教授 山下 美保

1.研究の意義と目的
21世紀出生児縦断調査は, 子どもの成長・発達の様子や,子育てに関する環境や意識,行動の変化を把握する目的で,平成13年1月中の1週間と7月中の1週間に出生した子どもと平成22年5月10日~24日の間に出生した子どもを対象 に,厚生労働省によって実施されました。平成13年出生児と平成22年出生児の約85,000人の方から回答を得て,平成13年出生児は現在第15回目まで,平成22年出生児は第6回目までの追跡が終了しています。本調査結果の内容をもとに, 今回岡山大学において, お子様の生活環境や生活習慣と, 成長, 発育, 健康等との関連について分析します。この調査は, 47都道府県に住んでいるお子様について継続的に調査しているため, 調査としての信頼性が高く, 大変有意義な解析結果を得ることができます。

2.研究の方法
1) 研究対象:
平成13年1月10日から17日, および7月10日から17日までの間に出生したお子さんとそのご家族,
平成22年5月10日から同月24日までの間に出生したお子さんとそのご家族
2) 調査期間:
すでに終了している調査です。2018年10月から2021年12月末までの期間に調査結果をもとに解析をします。

3) 研究方法:
岡山大学において, 21世紀出生児縦断調査の調査結果を用いて, お子様の生活環境と成長, 発育, 健康との関係について電子データをもとに解析します。どのような家庭環境, 生活習慣がお子様の成長に影響しているか, データを分析して調べます。

4) 調査票等:
研究資料は, 厚生労働省において既に匿名化され集約されたデータを用います。岡山大学及び共同研究機関の研究者が, 各個人の調査票を入手することはなく, 個人が特定されることはありません。

5) 情報の保護:
調査情報は,岡山大学大学院医歯薬学総合研究科社会環境生命科学専攻総合社会医科学講座の研究室で厳重に取り扱います。電子情報はパスワードで制御されたハードディスク内で保存,またそのハードディスクも施錠可能な保管庫に保存します。
調査結果は個人を特定できない形で関連の学会および論文にて発表する予定です。
この研究にご質問等がありましたら下記までお問い合わせ下さい。

<問い合わせ・連絡先>
所属:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野
職名:教授  氏名:賴藤 貴志
電話番号: 086- 235-7170

2019/11/8

研究実施のお知らせ:「ソーシャルメディアによる自殺関連情報の拡散は、自殺を引き起こすか?」

「ソーシャルメディアによる自殺関連情報の拡散は、自殺を引き起こすか?」へご協力のお願い

-2008年4月23日~2014年3月31日までに自殺関連情報をTweetされた方へ-

研究機関名 岡山大学
責任研究者 岡山大学病院 新医療研究開発センター 助教 三橋利晴

1.研究の意義と目的

平成24年における我が国の自殺者数は27,858人です。特に, 20代~30代では死因のトップです。
一方,若い方へのインターネット普及は97%を超えています。インターネットでよく使うサービスの1つにソーシャルメディアがあります
ところで,自殺のマスメディア報道が自殺を誘発することが知られています。今日では若い方はマスメディアだけでなく,ソーシャルメディアから情報を得る機会が多くなっています。そのため,ソーシャルメディアでの自殺情報が群発自殺を誘発する懸念があります。しかし,ソーシャルメディアによる自殺への影響は検討されていません(図1)。そのため,ソーシャルメディアの自殺への影響を検討する必要があります。

図1

2.研究の方法

1) 研究対象:
2008年4月23日から2014年3月31日までの「自殺」等のキーワードを含むTweet
統計法第33条の規定により,情報取得した人口動態統計の死亡個票(自殺に関連するもの)

2) 研究期間:
平成26年7月倫理審査承認後~平成29年3月31日

3) 研究方法:
Twitter社が公式に提携しているデータベース会社から研究対象となるTweetを収集し,分析します。また、同時に人口動態統計の情報を取得した情報と連結して,自殺の発生との関連を分析します。この方法により,日々の自殺関連のTweetと自殺の発生の関連を明らかにします。

4) 調査票等:
用いる情報は,既にTwitter社が公式に提携しているデータベース会社にアーカイブされているTweetと,統計法第33条の規定に基づいて取得する人口動態統計の死亡個票です。

5) 情報の保護:

研究実施における個人情報保護の方法について
本研究では,研究に用いるデータを匿名化します。Twitter上で個人情報を公開していない場合は,連結不可能匿名化として管理します。個人情報を公開している場合も,個人情報の連結を行いませんので,研究において,個人情報は扱いません(連結可能匿名化の状態で管理しますが,連結することはありません)。なお,人口動態統計の死亡個票には,個人情報が含まれません。

研究成果等の発表の際には,個人を特定しうる情報は削除した状態で行います。

Tweet情報利用について
Twitter利用規約第5条には「他の媒体やサービスで配給、配信、配布または公表することを目的として、当社のパートナーとなっている他の会社、組織または個人に対して提供する権利が含まれることに、同意したものとします。」との規程があります。本研究はTwitter社のパートナー企業であるデータベース会社を通じてTweetを収集し、Twitter利用規約およびデータベース会社の規定に基づいてデータを利用します。

本研究だけで無く、一般的にTweetの二次利用(まとめサイト、その他の研究、マーケティング等)を望まない場合は、非公開とするなどの対策を講じて頂ければと思います。

この研究にご質問等がありましたら下記までお問い合わせ下さい。

<問い合わせ・連絡先>
岡山大学病院 新医療研究開発センター
氏名:三橋 利晴
電話:086-235-6504 ファックス:086-235-6505
sankyoh@gmail.com


研究実施の情報公開に関して,アクセスログを別途記録しております。








2019/11/8

研究実施のお知らせ:「ソーシャルメディアによる自殺関連情報の拡散は、自殺を引き起こすか?」

「ソーシャルメディアによる自殺関連情報の拡散は、自殺を引き起こすか?」へご協力のお願い

-2008年4月23日~2014年3月31日までに自殺関連情報をTweetされた方へ-

研究機関名 岡山大学
責任研究者 岡山大学病院 新医療研究開発センター 助教 三橋利晴

1.研究の意義と目的

平成24年における我が国の自殺者数は27,858人です。特に, 20代~30代では死因のトップです。
一方,若い方へのインターネット普及は97%を超えています。インターネットでよく使うサービスの1つにソーシャルメディアがあります
ところで,自殺のマスメディア報道が自殺を誘発することが知られています。今日では若い方はマスメディアだけでなく,ソーシャルメディアから情報を得る機会が多くなっています。そのため,ソーシャルメディアでの自殺情報が群発自殺を誘発する懸念があります。しかし,ソーシャルメディアによる自殺への影響は検討されていません(図1)。そのため,ソーシャルメディアの自殺への影響を検討する必要があります。

図1

2.研究の方法

1) 研究対象:
2008年4月23日から2014年3月31日までの「自殺」等のキーワードを含むTweet
統計法第33条の規定により,情報取得した人口動態統計の死亡個票(自殺に関連するもの)

2) 研究期間:
平成26年7月倫理審査承認後~平成29年3月31日

3) 研究方法:
Twitter社が公式に提携しているデータベース会社から研究対象となるTweetを収集し,分析します。また、同時に人口動態統計の情報を取得した情報と連結して,自殺の発生との関連を分析します。この方法により,日々の自殺関連のTweetと自殺の発生の関連を明らかにします。

4) 調査票等:
用いる情報は,既にTwitter社が公式に提携しているデータベース会社にアーカイブされているTweetと,統計法第33条の規定に基づいて取得する人口動態統計の死亡個票です。

5) 情報の保護:

研究実施における個人情報保護の方法について
本研究では,研究に用いるデータを匿名化します。Twitter上で個人情報を公開していない場合は,連結不可能匿名化として管理します。個人情報を公開している場合も,個人情報の連結を行いませんので,研究において,個人情報は扱いません(連結可能匿名化の状態で管理しますが,連結することはありません)。なお,人口動態統計の死亡個票には,個人情報が含まれません。

研究成果等の発表の際には,個人を特定しうる情報は削除した状態で行います。

Tweet情報利用について
Twitter利用規約第5条には「他の媒体やサービスで配給、配信、配布または公表することを目的として、当社のパートナーとなっている他の会社、組織または個人に対して提供する権利が含まれることに、同意したものとします。」との規程があります。本研究はTwitter社のパートナー企業であるデータベース会社を通じてTweetを収集し、Twitter利用規約およびデータベース会社の規定に基づいてデータを利用します。

本研究だけで無く、一般的にTweetの二次利用(まとめサイト、その他の研究、マーケティング等)を望まない場合は、非公開とするなどの対策を講じて頂ければと思います。

この研究にご質問等がありましたら下記までお問い合わせ下さい。

<問い合わせ・連絡先>
岡山大学病院 新医療研究開発センター
氏名:三橋 利晴
電話:086-235-6504 ファックス:086-235-6505
sankyoh@gmail.com


研究実施の情報公開に関して,アクセスログを別途記録しております。








サイト内検索

ページビュー: 824062

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.