新型コロナ関連研究・活動

2022/11/7

【論文出版】5~11歳小児用ファイザー社ワクチン(BNT162b2)の副反応

岡山県内の協力医療機関において小児用ファイザー社ワクチンの副反応調査を行った結果がJournal of Epidemiologyに掲載されました。小児用BNT162b2の全身性副反応の頻度は成人調査と比較して約1/3程度と低く、2回目接種後に発熱を認めたのは11.6%でした

Matsumoto N, Shimizu J, Yokoyama Y, Tsukahara H, Yorifuji T.
Adverse Reactions and Attitudes toward the BNT162b2 Covid-19 Vaccine in Children 5 to 11 Years of Age in Japan
Journal of Epidemiology, October 29, 2022. doi.org/10.2188/jea.JE20220265 Online ahead of print.

→本論文へのリンク

どうぞご覧ください。

2022/10/5

岡山大学医学部医学科ホームカミングデイ2022を開催します!

開催日時:2022年10月22日(土)13:30-17:00                               

「岡山大学医学部医学科ホームカミングデイ2022」を10月22日(土)に岡山大学鹿田キャンパスJホールで開催いたします。本学の同窓生、在学生、教職員・OB、高校生、一般の皆様どなたでもご参加いただけます。

本イベントのテーマ「岡山大学医学部医学科の近況を識る」のとおり、是非岡山大学医学部医学科の近況に触れ、岡山大学医学部医学科を識ってください!
また、「新型コロナウイルス感染症を振り返る」という題にて、県内の新型コロナウイルス感染症を振り返り、今後を考える講演とパネルディスカッションを行います。

ご参加いただくためには、事前登録が必要です。先着150名でお申し込みを終了いたします。詳細は下記医学科HPより、ご確認ください。

岡山大学医学部医学科HPへ

2022/10/3

【論文出版】COVID-19パンデミック中の呼吸器ウイルス感染症減少が小児喘息発症に与えた影響

COVID-19パンデミックの前後5年間の月別新規喘息診断症例数を,日本の多施設共同電子カルテデータベースを用いて分断時系列デザインで比較した研究報告が、JACI: in practiceに掲載されました。小児アトピー性皮膚炎と比較して、小児喘息の新規診断はパンデミック後に有意に減少していました。このトレンドは、呼吸器合胞体ウイルスやライノウイルスの流行状況と類似しています。本研究は、呼吸器ウイルス感染と小児喘息発症の関連を疫学的に示唆するものです。

Matsumoto N, Kadowaki T, Takanaga S, Ikeda M, Yorifuji T.
Impact of COVID-19 pandemic-associated reduction in respiratory viral infections on childhood asthma onset in Japan.
The Journal of Allergy and Clinical Immunology: In Practice (2022), doi: https://doi.org/10.1016/
j.jaip.2022.09.024.

→本論文へのリンク


どうぞご覧ください。

2022/10/3

【論文出版】ファイザー社ワクチン(BNT162b2) 3回目接種後の発熱と抗体価上昇の関連

岡山大学病院で BNT162b2の3回目の投与を受けた62人の医療従事者を対象に、ワクチン接種後の発熱の有無と抗体価上昇の関連を、混合効果モデルとロバストな分散を伴うポアソン回帰を用いて検討した研究が出版されました。発熱群では接種後早期に抗体価が高くなる傾向がみられたものの、接種1、2カ月後には有意差を認めませんでした。ワクチン接種後の発熱は、血清抗体価の持続的な上昇を予測しないことを示唆しています。

Matsumoto N, Hagiya H, Nakayama M, Furukawa M, Mitsuhashi T, Takao S, Otsuka F, Yorifuji T.
Examining the association between vaccine reactogenicity and antibody titer dynamics after the third dose of BNT162b2 vaccine using a mixed-effects model.
J Infect Chemother. 2022 Sep 19:S1341-321X(22)00269-0. doi: 10.1016/j.jiac.2022.09.012. Epub ahead of print.

→本論文へのリンク

どうぞご覧ください。

2022/9/5

【論文出版】武田/モデルナ社ワクチン(COVID-19 ワクチンモデルナ)3回目接種後の発熱と抗体価上昇の関連

岡山大学拠点接種で武田/モデルナ社ワクチン(COVID-19 ワクチンモデルナ)3回目接種を受けた志願者49名を対象に、ワクチン接種後の発熱の有無と抗体価上昇の関連を、混合効果モデルとロバストな誤差分散を伴うポアソン回帰モデルを用いて検討した研究が出版されました。接種後1週間の抗体価上昇は接種後発熱群で早くなっていましたが、接種1か月後の抗体価は接種後発熱群と非発熱群で有意差が無く、ワクチン接種後の発熱の有無は臨床的に大きな意味を持たない可能性があると示唆されました。

Matsumoto N, Kadowaki T, Matsuo R, Sasaki A, Miyaji C, Higuchi C, Nakayama M, Sakurada Y, Hagiya H, Takao S, Otsuka F, Yorifuji T.
Association between fever and antibody titer trends after a third dose of the mRNA-1273 vaccine.
J Epidemiol. 2022 Aug 27. doi: 10.2188/jea.JE20220210. Online ahead of print.
→本論文へのリンク

2022/8/30

【緊急】岡山県の医療を守るために、県民のみなさんにお願いしたいこと

岡山県内の医療提供体制がひっ迫しています。新型コロナのための確保病床使用率も、8月10日時点で60%を超えました。発熱外来や救急医療は逼迫し、救急搬送困難事案が増加しています。医療機関でのクラスター、また医療従事者の感染や濃厚接触による自宅待機も増加し、手術制限など通常医療の提供が困難になっています。高齢の方の感染者数増加により、今後もひっ迫状態が悪化すると予想されます。みなさんの大事な方が医療が必要になっても、必要な医療が受けられないかもしれません。岡山県の医療を守るために、県民のみなさんにお願いしたいことを次の動画に入れております。是非ご覧ください。

動画紹介:岡山県の医療を守るために、県民のみなさんにお願いしたいこと

県の感染や医療の状況、お願いしたいことのチラシを作成しています。是非周りの方にもご紹介ください。
チラシはこちら→岡山県の医療を守るために、県民のみなさんにお願いしたいこと


参考:県内の医療の現況に関する直近の各種メディアでの紹介です。よかったらご覧ください。(注:全ては網羅できておりません。)
・救急医療:OHK 2022.08.12 「医療のひっ迫は現実として起こっている」救急外来現場の叫び 休日の患者数は1カ月で倍増【岡山】
・救急医療:RSK 2022.08.16 8月10日から救急隊の体制を増強 コロナ感染拡大で「救急搬送困難事案」大幅増受け 岡山市消防局
・小児科発熱外来:RSK 2022.08.17 「電話がなりやまない」新型コロナ第7波で子どもの感染増加 小児科は限界に近い状況【岡山】
・救急医療:NHK 2022.08.19 爆発的感染拡大で救急医療ひっ迫 コロナ疑いは発熱外来受診を
・小児救急医療:NHK 2022.08.25 小児救急 夜間や休日に患者急増 緊急治療など危機感強める

補足: 当該お願いに関して
・朝日新聞 2022.08.17 「あなたの大事な方、医療が受けられないかも」医療有志が訴え
・NHK 2022.08.23 感染症専門家 感染対策を県民に呼びかける動画制作

2022/8/9

【論文出版】岡山県内における新型コロナウイルス感染症クラスターの発生時期別特徴について

岡山県内で第3波~第5波の時期に発生した医療機関と高齢者施設のクラスターを対象に、公表データに基づき発生時期による特徴を比較検討しました。また、第4波にクラスター発生した医療機関の事例について、陽性者の属性や感染動向の特徴を評価しました。
第4波では、患者または利用者発端のクラスターが多く、医療機関においては収束期間の長期化と、職員に比し患者の陽性者数が多い傾向にありました。第5波では、ワクチン接種の普及に伴い全体のクラスター発生数が減少しました。
 
門脇知花,入江佐織,髙橋友香里,薬師寺泰匡,高尾総司,賴藤貴志
岡山県内における新型コロナウイルス感染症クラスターの発生時期別特徴について

岡山医学会雑誌. 134巻(2022)2号

どうぞご覧ください。

2022/8/9

【特集出版】新型コロナウイルスワクチン副反応調査の報告

岡山県内の協力医療機関の医療従事者を対象としたファイザー社BNT162b2と、岡山大学教職員を対象としたモデルナ社mRNA-1273初回接種後副反応調査のまとめが、岡山医学会雑誌の特集に掲載されました。

松本 尚美, 樋口 千草, 三橋 利晴, 萩谷 英大, 高尾 総司, 頼藤 貴志
新型コロナウイルスワクチン副反応調査の報告
岡山医学会雑誌. 134巻(2022)1号


本論文へのリンク

どうぞご覧ください。

2022/7/30

武田/モデルナ社製新型コロナウイルスワクチン追加接種(3回目接種)後副反応調査(最終報告)を紹介しています

武田/モデルナ社製新型コロナウイルスワクチン追加接種(3回目接種)後副反応調査(最終報告)を紹介しています。詳しくは、下記ご覧ください。


新型コロナウイルスワクチン情報

2022/7/21

【論文出版】カシリビマブ/イムデビマブ投与時期とCOVID-19重症化との関連

新型コロナウイルス感染症デルタ株の優勢時期において、岡山県内で中和抗体薬であるカシリビマブ/イムデビマブ(販売名:ロナプリーブ)投与を受けた342 例を対象に、カシリビマブ/イムデビマブの投与時期とCOVID-19重症化との関連を検討しました。COVID-19が重症化する症例の割合は、症状発現から日ごとに増加し、発症5日目から急増しました。早期投与(0~4日目)により、重症化への移行リスクは低下しました。中和抗体薬を臨床経過の早期に使用することの効果が実証されました。

Tomoka Kadowaki, Sato Imajou, Naomi Matsumoto, Soshi Takao, Takashi Yorifuji.
Timing of REGEN-COV administration and progression to severe COVID-19.
J Infect Chemother. 2022 Jul 8;S1341-321X(22)00198-2. doi: 10.1016/j.jiac.2022.07.002. Online ahead of print.

→本論文へのリンク

どうぞご覧ください。

Next »

Page Top