産業医グループ

2017/4/27

「新しい」ストレスチェック運用方法に関する研究説明会開催のお知らせ

この度当講座では、「企業のためのストレスチェック運用 導入支援モデル事業」を実施することとなりました。つきましては、下記の通り説明会を開催いたしますので、ご多用中のところ恐縮ではありますが、皆様には是非ご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
当講座では、平成22年度に厚生労働省の研究費補助を受け、「企業における業務遂行レベルにもとづく新しいメンタルヘルス対応」を開発し、多数の企業で活用いただいています。研究終了後も、運用手順や様式等のアップデートを重ねてきましたので、今回、最新の情報も説明会のなかでご紹介する予定です。なお、研究の概要につきましては、以下をご参照ください。
末筆ではありますが、皆様のますますのご健勝をお祈り申し上げます。


1.日 時:平成29年6月16日金曜日 13時~15時

2.場 所:大繊健保会館 5階 第3会議室
     (大阪市中央区瓦町2-6-9)

3.内 容:
 (1)ルール・業務遂行レベルに着目したメンタルヘルス対応最新情報
 (2)実施してみてわかったストレスチェック制度運用の注意点
 (3)社員および会社に有意義なストレスチェック運用導入支援モデル事業の説明

4.お申込み
 コチラの専用サイトの申し込みフォームからお願いします(研究協力機関のサーバー)

5.特典資料
 説明会案内状にありますパスワードをもちいて、ダウンロードしてください。
 (案内状を受け取っていない担当者の方も、
  説明会にお申込みいただきましたら、パスワードをご案内します)

 コチラから。


以下は、関連情報です。参考にしてください。
【関連情報一覧】
 岡山県市町村振興協会の協力を得て、玉野市・赤磐市・吉備中央町に導入支援を行いました。引き続き、岡山産業保健総合支援センターの協力を得て、備前市・瀬戸内市・真庭市・美咲町に導入支援を行い、今年度は津山市・美作市・勝央町に導入支援を行っています。

 高尾メソッド・マニュアル

 埼玉県春日部市における導入状況は以下を参照ください。
公務災害防止の現場から2013
ビジネス・レーバー・トレンド 2014年9月号

 健康管理は社員自身にやらせなさい -労務管理によるメンタルヘルス対策の極意-
 総論DVD入手方法
 完全攻略!もう悩まないストレスチェック制度

*利用可能な成果物に関しては以下をご参照ください。
(1)研究報告書全文 (検索語「業務遂行レベル」)
 コチラから
(2)紹介記事
■ビジネスレーバートレンド誌
 2011年7月号
 2012年5月号
■日本産業衛生学会中国地方会ニュース
 ニュースレター第28号
■インターリスクレポート(インターリスク総研)
 労災リスク・インフォーメーション(第16号)
(3)健康管理誌(保健文化社)「しごとと健康」
 コチラから購読可能
(4)メンタルヘルス白書2011(日本生産性本部)
 コチラから購入可能
(5)健康メモセレクションシリーズ・メンタル編(社員向け)(日本家族計画協会)
 コチラから   たとえば
(教材テーマ「メンタル」、教材マテリアル「指導箋・健康メモ」で検索
(6)ビジネスガイド誌
 「現場が主導するメンタルヘルス対策 書式活用による業務標準化のメリット」
 2016年9月号
(7)月刊人事労務
 「問題発生時における ルール・業務遂行レベルにもとづくメンタル対応」
 2013年9月号
 *これ以外は、基本的に「復職」を起点(または療養開始以後)としてまとめていましたので、現に就業しており問題となっている社員への対応についてはこちらが、参考になります。


 


2017/6/3

2017年度 産業保健に関する研修会の案内

当講座では、産業保健研修会の実施に講師として協力しています。

■2017年4月~2018年3月はおおむね毎月、岡山労災病院にて実施します。
■国立岡山医療センター 2017年8月8日、次回:2018年2月(予定)
■産業保健集中研修会 8月20日
■産業保健研修会(津山) 6月27日、追加開催予定あり
*産業保健に関心のある方であれば、職種を問わず参加できます。
*いずれも日本医師会認定産業医・生涯研修の単位を取得できます。

詳細はコチラから。
申込はコチラから。

—————————————————————-
【岡山労災病院開催分(詳細)】
 2013年5月から、岡山労災病院における研修会は、実際に産業保健現場で実務を行う機会のある方を支援するための事例検討を中心とした「アドバンストコース」として実施してきました。また人事労務担当者の方にも参加いただくことができました。
 かかる経緯を踏まえ、岡山労災病院における研修会は、実際に産業保健現場で実務に携わる方(人事労務・産業保健スタッフ)を支援するための事例検討を中心に実施しています。事例検討を円滑に行うため、総論内容をまとめた DVD の視聴を推奨(入手方法はコチラ)しています。
 前半はトピックについてのミニレクチャーを実施し、後半はレクチャー内容を受けて、意見交換を行います。参加者、講師の間での意見交換の中で、それぞれ現在、過去にお困りの事例について、他社の人事労務担当者、産業医、産業保健職の意見を幅広く聴くことができる機会です。積極的な意見交換を促進するため定員 20 名とさせていただきます。
 なお、企業の人事担当者・社会保険労務士等、産業医単位を必要とされない方につきましては、各会先着5名まで無料で受講いただけますので、早めにお申し込みください。

詳細はコチラから。


2016/6/22

保護中: 2016年7月10日産業医学振興財団研修スライド

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2016/6/8

【高尾メソッド様式】主治医意見書様式等

病気欠勤・休職等から職場復帰する際に、精神科主治医の先生におたずねする「主治医意見書(復帰時)依頼文、および、様式」を、ご活用いただきやすくするために、エクセルファイルで、ダウンロードできるようにしました。これにともない、ご意見等いただけた場合には、都度、修正を検討し、反映させた様式に更新していきます。

使用上の注意点等については、「健康管理は社員自身にやらせなさい」(p.59~)を熟読のうえ、ご利用いただくことを「強く推奨」します。
また、主治医の先生に、意見聴取の目的、意図等について、正しくご理解いただくために、初めて依頼する際には、p.70-71の「お手紙」も同封することを推奨します。

ダウンロードはこちらから   主治医意見書(復帰時)依頼文・様式Ve1.0
更新履歴はこちらから     更新履歴

また、その他の書式については、以下より、ご利用いただけるようにしています。

療養段階確認シート②
業務記録表
療養段階確認シート①
労務管理票
療養申請書
復帰申請書
(オプション)生活記録(療養専念期)・行動記録(復帰準備期)

岡山産業保健総合支援センター
(使用登録にもとづき、様式を送付します。ただし、PDF形式で1点のみの提供になります。産保研修受講者については、受講回数に応じて提供します)
NPO法人学習支援センター
(有料になりますが、最新版の書式を活用することができます)


2016/5/17

健康管理は社員自身にやらせなさい 公式コンパニオンBOOKダウンロード開始(セミナー参加者限定)

 保健文化社より、出版されております

 健康管理は社員自身にやらせなさい
-労務管理によるメンタルヘルス対策の極意-

 公式コンパニオンBOOKにつき、
 これまでは、セミナー等で配布しておりましたが、
 このたび、ダウンロードできるように致しました。

 セミナー当日ご案内の、IDとパスワードが必要です。

 コチラからどうぞ。

 Amazon  honto  メテオMBC  紀伊國屋  楽天ブックス
*通常の書店でもご注文(取り寄せ)いただけます。



 保健文化社HP

 保健文化社「健康管理」誌に、2010年4月から連載した「しごとと健康」をまとめたものに、主治医意見書様式やリハビリ出社の規程案などを追加したものです。


2016/4/18

4月21日広島セミナー スライド資料

以下からダウンロードください。

ファイルには当日お知らせしたパスワードがかかっています。

コチラ


2016/6/4

ストレスチェック制度 完全攻略! 特別セミナー開催のお知らせ(4月21日、広島)

以下のとおり、メンタルヘルス対応総論およびストレスチェック制度の完全攻略セミナーを開催します。

日時:平成28年4月21日(木曜日) 13:30~17:00
会場:広島県医師会館 1Fホールにて
プログラム概要:
 (1)メンタルヘルス対応総論
 (2)完全攻略!もう悩まないストレスチェック制度
 (3)高ストレス者への選択メニューとモニター募集について
  (新庄プロジェクト紹介)

参加費:資料有り3,000円、資料無し無料
 (ただし、資料無しの受付開始は4月以降の予定です)

詳細・申込は、以下を参照ください。
       コチラ


2017/4/24

ストレスチェックの問題解決本が出版されました

 「完全攻略!もう悩まないストレスチェック」が出版されました。

 本書籍は、単なるストレスチェック制度の解説本ではなく、
 ストレスチェック制度の実施に伴い懸念されている様々な問題を
 タイトルの通り、「すべて解決」できるアイデアをまとめたものです。



 以下より購入できます。

 労働新聞社HP
 
 Amazon


2015/8/4

【メンタル対応】高尾メソッド・マニュアル公開しました

昨年度、岡山県市町村振興協会の協力を得て、玉野市・赤磐市・吉備中央町に導入支援を行いました。引き続き、今年度は岡山産業保健総合支援センターの協力を得て、備前市・瀬戸内市・真庭市・美咲町に導入支援を行っています。

埼玉県春日部市における導入状況は以下を参照ください。
公務災害防止の現場から2013
ビジネス・レーバー・トレンド 2014年9月号

これらの詳細な経過も含め、3市町が実際に使用した、手順書(5章)、様式(6章)を含む、報告書を以下からダウンロードいただけます。

コチラ(NPO法人学習支援センター) OR コチラ(岡山産業保健総合支援センター) (こちらのサーバーは少々時間がかかります)

別サーバー(firestorageにアクセスできる場合はこちらが便利です)

なお、公開抜粋版では、以下は含まれませんので、コチラを参照のうえ、各出版元にお問い合わせください。

・しごとと健康連載(最新50回~60回)

・メンタルヘルス白書2011原稿

・月刊人事労務2013年9月号原稿

2014/9/5

研究成果報告会(安衛法改正に伴う事業主セミナー)開催のお知らせ

事業主セミナー開催のお知らせ(無料)
-労働安全衛生法一部改正について-

主催:岡山産業保健総合支援センター

1.日時・会場
 平成26年10月16日(木)15時~17時 岡山大学鹿田キャンパス(定員50名)
 平成26年10月22日(水)15時~17時 ピュアリティまきび(定員30名)

2.会場の詳細
(1)岡山大学鹿田キャンパス 基礎研究棟1階⑤大学院セミナー室
 キャンパスへのアクセス
 建物の詳細 南が上という変な配置図ですが、医学部正門を入っていただき、地図をみながら進むには便利です。
 *駐車可能スペースが非常に少ないので、公共交通機関のご利用をお勧めします。
(2)ピュアリティまきび 会議室 2階 エメラルド
 案内 *「ピュアリティまきび」の駐車場を無料でご利用頂けますが、満車の場合は駐車できません。

3.セミナー概要・講師
(1)第一部 労働安全衛生法一部改正について(メンタルチェックへの対応)
(2)第二部 岡山産保調査研究成果のご紹介
 講師:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 講師 高尾総司
    (岡山産業保健総合支援センター 相談員)

参考:平成24年度調査研究報告書 コチラ

4.対象
 企業の経営者、人事労務担当者等

5.申込み先
 岡山産業保健総合支援センターHPより トップページ
 申込みページへ直接ジャンプ

6.問い合わせ先
 岡山産業保健総合支援センター
 電話:086-212-1222 FAX:086-212-1223
 または メール:info◎okayama-sanpo.jp(◎を@に変えてください)




Next »

サイト内検索

ページビュー: 402997

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.