2020/7/20

【論文出版】強度近視眼黄斑円孔網膜剥離における内境界膜剥離法と内境界膜翻転法の術後成績を比較した原著論文

多施設の強度近視眼黄斑円孔網膜剥離100眼に対して、患者背景と解剖学的要素も含めて、内境界膜剥離法と内境界膜翻転法の術後成績を比較検討した論文がOphthalmology Retinaに出版されました。

円孔閉鎖と術後視力に関する多変量解析を行った結果、翻転法は剥離法に比べて黄斑円孔閉鎖率が高く、術後視力の改善が認められました。

Matsumae H, Morizane Y, Yamane S, Yanagisawa S, Sakurai T, Kobori A, Imai H, Kanzaki Y, Suzuki E, Kadonosono K, Hayashi A, Shiraga F, Kuriyama S.
Inverted internal limiting membrane flap versus internal limiting membrane peeling for macular hole retinal detachment in high myopia.
Ophthalmol Retina. (In press). (doi:10.1016/j.oret.2020.03.021)
本論文へのリンク

どうぞご覧ください。

サイト内検索

ページビュー: 860231

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.