2020/7/13

【論文出版】満期産児の週数別(出生)体重SD値とその後の健康・行動発達の関連に関する原著論文

岡山医療センターの玉井先生らとの共著論文が出版されました。満期産児の週数別
(出生)体重SD値と5歳半までの健康・行動発達の関連を評価した研究で、入院や行
動発達への悪影響のリスクは週数に比べ体重が小さくなるほど、また大きくなるほど
上がっていましたが、小さくなる方がよりリスクの上がり方は顕著でした。

Tamai K, Yorifuji T, Takeuchi A, Fukushima Y, Nakamura M, Matsumoto N,
Washio Y, Kageyama M, Tsukahara H.
Associations of Birth Weight for Gestational Age With Child Health and
Neurodevelopment Among Term Infants: A Nationwide Japanese Population-Based Study
J Pediatr. 2020 Jul 5;S0022-3476(20)30829-5. doi:
10.1016/j.jpeds.2020.06.075. Online ahead of print.

本論文へのリンク

どうぞご覧ください。

サイト内検索

ページビュー: 860231

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.