2020/6/22

【論文出版】母乳栄養による後期早産児の健康影響の効果修飾に関する原著論文

中村和恵院生の母乳栄養による後期早産児の健康影響の効果修飾に関する論文が
出版されました。後期早産児は正期産児よりも生後1.5歳までに入院するリスクが高く、
母乳栄養が後期早産児の消化管感染症による入院を減らす可能性が示唆されました。

Nakamura K, Matsumoto N, Nakamura M, Takeuchi A, Kageyama M, Yorifuji T.
Exclusively Breastfeeding Modifies the Adverse Association of Late Preterm
Birth and Gastrointestinal Infection: A Nationwide Birth Cohort Study.
Breastfeed Med. 2020 Jun 12. doi: 10.1089/bfm.2020.0064. Online ahead of
print.

本論文へのリンク

どうぞご覧ください。

サイト内検索

ページビュー: 829934

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.