2019/11/9

因果効果を特定の標的集団に標準化するための理論に関する論文出版のお知らせ

疫学において、ある研究から得られた結果を、関心対象とする他の標的集団に当てはめることは重要なステップです。

この度、因果効果を特定の標的集団に標準化するための理論論文が、European Journal of Epidemiologyに出版されました。

Huitfeldt A, Swanson SA, Stensrud MJ, Suzuki E.
Effect heterogeneity and variable selection for standardizing causal effects to a target population.
Eur J Epidemiol. (In press) (doi:10.1007/s10654-019-00571-w)
本論文へのリンク

本論文については、以下のウェブサイトでも紹介されています。
ウェブサイトへのリンク

どうぞご覧ください。

サイト内検索

ページビュー: 724210

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.