2019/1/18

因果指標のコラプシビリティーに関する論文出版のお知らせ

疫学において、コラプシビリティーは、交絡との関連でよく論じられてきた重要概念です。

この度、潜在アウトカムの枠組みで、因果指標のコラプシビリティーについて論じた論文がEmerging Themes in Epidemiologyに出版されました。

Huitfeldt A, Stensrud MJ, Suzuki E.
On the collapsibility of measures of effect in the counterfactual causal framework.
Emerg Themes Epidemiol. 2019;16:1. (doi:10.1186/s12982-018-0083-9)
本論文へのリンク

従来、疫学や統計学のテキストでは、関連指標のコラプシビリティーについて説明がなされていましたが、因果推論の観点からコラプシビリティーを定義して、議論を拡張した内容です。

どうぞご覧ください。

サイト内検索

ページビュー: 647099

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.