2019/1/18

無作為化比較試験の有効性や限界に関する論文出版のお知らせ

無作為化比較試験は、因果推論における強力な研究デザインとして知られています。

先日、2015年ノーベル経済学賞受賞者のアンガス・ディートンと、哲学の教授であるナンシー・カートライトが、無作為化比較試験に対する誤解や限界について論じた論文を発表しました。

Deaton A, Cartwright N.
Understanding and misunderstanding randomized controlled trials.
Soc Sci Med. 2018;210:2-21.
本論文へのリンク

この度、彼らの論文に対して、無作為化比較試験におけるメカニズムや不確実性に関するコメンタリーを著しました。以下の通り、Social Science & Medicineに出版されています。

Suzuki E, VanderWeele TJ.
Mechanisms and uncertainty in randomized controlled trials: a commentary on Deaton and Cartwright.
Soc Sci Med. 2018;210:83–85. (doi:10.1016/j.socscimed.2018.04.023)
本論文へのリンク

このほかにも、Social Science & Medicineの本号は、「Randomized Controlled Trials and Evidence-based Policy: A Multidisciplinary Dialogue」と題して、様々な分野の研究者がコメンタリーを発表しています。

どうぞご覧ください。

サイト内検索

ページビュー: 675371

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.