MPHコースの紹介

2021/4/9

MPHコース



 本コースの目的は、少子高齢社会の到来を踏まえて、地域の医療機関、地方自治体等と連携し、疫学的視点を持つ保健・医療・福祉従事者を育成することです。コースを通して、疫学研究を評価、疫学デザインを理解し、疫学研究を出来ることを目指し、社会の公衆衛生課題に取り組むための科学的素養を涵養します。
 欧米では、代表的な大学に公衆衛生大学院が設けられていますが、本コースは、公衆衛生大学院の国際標準である疫学、生物統計学、環境保健学、社会科学・行動科学方法論及び保健医療管理学の必須5分野を含む21科目を有しており、修了後には「修士(公衆衛生学)」(Master of Public Health)の学位授与を想定しています。
 本コース修了者は、医療・保健・福祉従事者、行政職等として、地域の医療、保健、福祉に貢献することをめざしています。
 
ディプロマ、カリキュラム、アドミッションポリシー
公衆衛生学(MPH)コース

教室説明会
疫学・衛生学分野、教室説明会

医歯科学専攻修士課程学生募集説明会、入試情報
医歯科学専攻修士課程HP

入学から卒業までのイメージ図


サイト内検索

ページビュー: 963194

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.