ソーシャル・キャピタル

2015/10/28

【研究者・自治体担当者向け】ソーシャル・キャピタル質問項目お勧め版

 これまで、10年以上にわたり、日本公衆衛生学会総会において、「ソーシャル・キャピタル」に関する自由集会を開催してきました(当初数年は、「社会疫学」について、でしたが)。
 その中で、特に本年にあっては、健康日本21第二次改訂にも盛り込まれたことから、「どうやって測定するのか」に関する質問が改めてとりあげられました。2年前の秋田開催においては、実際に私たちが用いている質問紙のサンプル配布なども行っていたのですが、やはり、より入手しやすい方法を提示することが望ましいだろうということで、本年の自由集会でお約束しました通り、岡山大学疫学・衛生学分野HPにアップしました。

 定期的にアップデートしていきたいと思いますので、ご利用になられたい方は、以下より、利用登録をお願いします。
 利用登録いただけましたら、ファイルのパスワードをお知らせいたします。

 ソーシャル・キャピタル質問項目申込書
 地域のソーシャルキャピタルの測定のための質問項目2013年11月13日版


2014/6/7

公衆衛生学会自由集会2014(栃木)

毎年開催しております、ソーシャル・キャピタルと健康に関する自由集会ですが、
本年は、より基本的な質問等にお応えする「基礎編」と
妥当な科学的評価のための助言・支援を求める自治体とフィールドを求める研究者の意見交換の場としての「応用編」に分けて実施することを検討しています。

基礎編 11月5日(水) 世話人:高尾総司(岡山大学)ほか
応用編 11月6日(木) 世話人:近藤克則(千葉大学)ほか



2014/5/10

【公衆衛生学会自由集会】ソーシャル・キャピタルと健康

以下の通り、今年度も開催予定となっております。

平成25年10月24日(木)18時15分~20時15分
アスト津 4階 研修室A

こちらを参照ください。


2014/5/10

ソーシャル・キャピタルと健康政策 発売のお知らせ

 当講座では、長らく「ソーシャル・キャピタルと健康」に関する研究に取り組んできておりますが、このたび、

 「ソーシャル・キャピタルと健康政策:地域で活用するために」が日本評論社から発売されますので、お知らせいたします。
 もともとは専門書である、Global Pespectives on Social Capital and Healthの翻訳ではありますが、翻訳過程において、健康日本21でも「健康を支え、守るための環境整備」として言及されたソーシャル・キャピタルの活用に注目が集まっていることを鑑み、できるだけ、公衆衛生の現場でも参照可能となるよう、かなり大胆に意訳を行っています。また、日本から提供された話題も多く、参考になる部分は少なくないと思います。

 以下より、Amazonへのリンクにて確認いただけます。

 ソーシャル・キャピタルと健康政策:地域で活用するために
 Global Pespectives on Social Capital and Health

 なお、前著は、

 ソーシャル・キャピタルと健康
 Social Capital and Health

 第72回日本公衆衛生学会総会(三重)(平成25年10月23日〜25日)では、イチロー・カワチ教授をお迎えしての、自由集会の開催も予定しています。



2014/5/10

5th ISSC (International Society for Social Capital Research)に参加してきました

 2013年6月4日、5日にフィンランド、トゥルクにて開催されました第5回ISSCに参加してきました。
 今回のメインテーマは、災害とソーシャル・キャピタルでした。



 なお、
7月には、Global Perspectives on Social Capital and Health (Springer)が
8月には、同書の訳本である
     ソーシャル・キャピタルと健康政策 --地域における活用(日本評論社)が
 それぞれ発刊されます。


 これまでのISSC開催履歴
2009年6月 第1回 ボストン
2010年6月 第2回 岡山
2011年6月 第3回 マンチェスター
2012年6月 第4回 沖縄


サイト内検索

ページビュー: 845049

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.