教室紹介

2011/7/26

教室紹介

教室の理念

教室の柱とする疫学・生物統計学を用いて研究を行い、医療分野・地域行政への貢献を目標にしています。日本ではまだまだ 公衆衛生学・公衆衛生活動というのは重視されていない分野かもしれませんが、院生が安心して自由に学べる雰囲気を提供し、自ら考え研究し公衆衛生活動に参加していける人材を育てています。

教室で学ぶこと

疫学
因果関係を追及する学問です。人間(医療)の関わる問題全てに対して、原因と結果の関連を定量化する学問で、論理的思考と医学研究の考え方を学んでいます。

生物統計学
医学研究で用いる統計方法論全般的に勉強します。生物統計学専門の先生との勉強会も行っています。

研究テーマ

スタッフ・院生それぞれ多岐に渡ります。

産業保健・社会疫学・感染症の疫学・精神保健・環境疫学・医療経済・医療政策・臨床研究・国際保健など。疫学的手法を用い、医療に関連する全ての分野を網羅しています。
   (注)動物実験は行いません。人が対象の調査・研究を行っています。

サイト内検索

ページビュー: 647099

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.