疫学・統計学(各論)

2014/12/27

本の紹介;疫学・統計学(各論)

■ 社会疫学 Social Epidemiology

Social Epidemiology

Social Epidemiologyのはしりの本。「The New England Journal of Medicine」の書評で、「extraordinary work」で将来古典と呼ばれるであろう、などの高い評価を得ている。
Social Epidemiology
  • 編者: Lisa F. Berkman, Ichiro Kawachi
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press, USA
  • 発売日: 2000/03/15
  • メディア: ハードカバー


Social Epidemiology

上記Social Epidemiologyの第二版。
Social Epidemiology
  • 編者: Lisa F. Berkman, Ichiro Kawachi, M. Maria Glymour
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press, USA
  • 発売日: 2014/08/06
  • メディア: ペーパーバック


Methods in Social Epidemiology

多くの社会疫学の本とは異なり、方法論を記載している。DAGやinstrumental variable、propensity scoreについても述べられており、これらの章だけでも読む価値は十分ある。
Methods in Social Epidemiology: Research Design And Methods (Public Health/Epidemiology and Biostatistics)
  • 編者: J. Michael Oakes, Jay S. Kaufman
  • 出版社/メーカー: Jossey-Bass Inc Pub
  • 発売日: 2006/05/28
  • メディア: ハードカバー


不平等が健康を損なう

“The Health of Naitons: Why Inequality is Harmhful to Your Health”の訳本。
不平等が健康を損なう
  • 著者: イチロー・カワチ, ブルース・P.ケネディ
  • 監訳:西信雄、中山健夫、高尾総司
  • 訳:社会疫学研究会
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 単行本


Social Capital and Health

Social Capitalと健康に関する本。第一部では、最新の知見に基づき、理論的な部分を説明してくれている。ネットワークに基づいたSocial Capitalの測定方法に関する章は、コンパクトにまとめられていながらも、要点を突いてわかりやすく記載されている。第二部では、各論としてSocial Capital関連の先行研究のレビューを行ってくれている。
Social Capital and Health
  • 編者: Ichiro Kawachi, S. V. Subramanian, Daniel Kim
  • 出版社/メーカー: Springer
  • 発売日: 2007/10/26
  • メディア: ハードカバー


ソーシャル・キャピタルと健康

上記”Social Capital and Health”(第一部)の訳本。
ソーシャル・キャピタルと健康
  • 編者: イチロー・カワチ, S. V. スブラマニアン, ダニエル・キム
  • 監訳: 藤澤由和、高尾総司、濱野 強
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本


Global Perspectives on Social Capital and Health

上記”Social Capital and Health”の第二巻にあたる本。
Global Perspectives on Social Capital and Health
  • 編者: Ichiro Kawachi, Soshi Takao, S. V. Subramanian
  • 出版社/メーカー: Springer
  • 発売日: 2013/08/19
  • メディア: ハードカバー


ソーシャル・キャピタルと健康政策:地域で活用するために

上記”Global Perspectives on Social Capital and Health”の訳本。
ソーシャル・キャピタルと健康政策:地域で活用するために
  • 編者: イチロー・カワチ, 高尾総司, S. V. スブラマニアン
  • 監訳: 近藤克則、白井こころ、近藤尚己
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2013/08/22
  • メディア: 単行本

■ 環境疫学 Environmental Epidemiology

Environmental Epidemiology

環境疫学の基礎に関して、Q&Aを交えて記載している。
Environmental Epidemiology (Understanding Public Health)
  • 著者: Paul Wilkinson
  • 出版社/メーカー: Open Univ Press
  • 発売日: 2006/08/30
  • メディア: ペーパーバック


Impact of Environmental Pollution on Health

環境疫学の最新の知見をテーマ別に簡潔に記載している。
Impact of Environmental Pollution on Health (British Medical Bulletin)
  • 著者: Paul Elliott
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press
  • 発売日: 2004/02/26
  • メディア: ペーパーバック


Topics in Environmental Epidemiology

やや出版が古いものの、環境疫学に関して、より詳細に学ぶことができる。良書。
Topics in Environmental Epidemiology
  • 編者: Kyle Steenland, David A. Savitz
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press, USA
  • 発売日: 1997/01/15
  • メディア: ハードカバー

■ 産業疫学 Occupational Epidemiology

Research Methods in Occupational Epidemiology

practicalな感じもするが、よく考えてある。良書。
Research Methods in Occupational Epidemiology (Monographs in Epidemiology and Biostatistics)
  • 著者: Harvey Checkoway, Neil Pearce, David Kriebel
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press, USA
  • 発売日: 2004/01/22
  • メディア:ハードカバー

■ 感染症疫学 Infectious Disease Epidemiology

Field Epidemiology

感染症の疫学の名著。アウトブレイクの疫学についてはこれでしょう。
Field Epidemiology
  • 編者: Michael B. Gregg
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press, USA
  • 発売日: 2008/07/15
  • メディア: ハードカバー


Epidemiologic Principles and Food Safety

食中毒に関して、単なるhow to本ではなく、疫学理論がどのような視点で利用できるのか、ということを教えてくれる。章によって質にばらつきがあるように感じられるが、Lasky先生が執筆されている章は、infectious disease epidemiologyの理論とchronic disease epidemiologyの理論が、どのように食中毒における疫学に結びついているのか、という切り口で迫っており、興味深い。
Epidemiologic Principles And Food Safety
  • 編者: Tamar Lasky
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press
  • 発売日: 2007/03/29
  • メディア: ハードカバー


Essentials of Infectious Disease Epidemiology

感染症の疫学を題材として、疫学研究の基本的な部分から網羅的に扱っている。
Essentials of Infectious Disease Epidemology
  • 著者: Manya Magnus
  • 出版社/メーカー: Jones & Bartlett Publishers
  • 発売日: 2007/08/07
  • メディア: ペーパーバック

■ 臨床疫学 Clinical Epidemiology

Clinical Epidemiology: The Study of the Outcome of Illness

Clinical Epidemiologyに関する良書。他にも、Clinical Epidemiologyというタイトルの本はあるが、こちらの本のほうが、因果推論を含めて、疫学に関して深い洞察がなされているように思われる。各章末の問題も、良問がそろっている。
Clinical Epidemiology: The Study of the Outcome of Illness (Monographs in Epidemiology and Biostatistics)
  • 著者: Noel S. Weiss
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: ハードカバー


Designing Clinical Research

臨床研究に関して、研究仮説の立て方から研究の進め方、論文作成に至るまで幅広い領域を網羅している。Propensity Scoreなど比較的advancedな内容も扱いつつも、全体を通して分かりやすくまとめられている。良書。
Designing Clinical Research
  • 著者: Stephen B Hulley, Steven R Cummings, Warren S Browner, Deborah G Grady, Thomas B Newman
  • 出版社/メーカー: Lippincott Williams & Wilkins
  • 発売日: 2013/07
  • メディア: ペーパーバック

■ 国際保健 Global Health

Globalization and Health

感染症、たばこに始まり、環境や格差問題に至るまで、globalizationという切り口から学ぶことができる。様々な資料が参照されており、読み物としても興味深い。
Globalization And Health
  • 編者: Ichiro Kawachi, Sarah P. Wamala
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press, USA
  • 発売日: 2006/09/21
  • メディア: ハードカバー

■ 医療経済 Medical Economics

Methods for the Economic Evaluation of Health Care Programmes

Cost-Effectiveness Analysis (CEA)、Cost-Utility Analysis (CUA)、Cost-Benefit Analysis (CBA)の違いを明確にしつつ、decision analytic modellingに至るまで、医療経済学の領域を幅広く網羅してくれている。
Methods for the Economic Evaluation of Health Care Programmes
  • 著者:Michael F. Drummond, Mark J. Sculpher, George W. Torrance, Bernie J. O’Brien, Greg L. Stoddart
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press
  • 発売日: 2005/07/21
  • メディア: ペーパーバック

■ その他 Others

Meta-Analysis, Decision Analysis, and Cost-Effectiveness Analysis: Methods for Quantitative Synthesis in Medicine

メタアナリシスや費用効果分析などについて記載。名著。
Meta-Analysis, Decision Analysis, and Cost-Effectiveness Analysis: Methods for Quantitative Synthesis in Medicine (Monographs in Epidemiology and Biostatistics, Vol 31)
  • 著者:Diana B. Petitti
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press, USA
  • 発売日: 2000/01/15
  • メディア: ハードカバー


Exposure Assessment in Occupational and Environmental Epidemiology

曝露の評価方法について、質問紙票からGISまで幅広いトピックを扱ってくれている。エラーに関する説明は詳細に記載している。
Exposure Assessment in Occupational and Environmental Epidemiology (Oxford Medical Publications)
  • 編者: Mark J. Nieuwenhuijsen
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press, USA
  • 発売日: 2003/09/18
  • メディア: ペーパーバック


GIS and Public Health

公衆衛生領域におけるGISの役割を網羅してくれている。GISに関しては、まず読むべき良書。
Gis and Public Health
  • 著者: Ellen K. Cromley, Sara L. McLafferty
  • 出版社/メーカー: Guilford Press
  • 発売日: 2011/09/20
  • メディア: ハードカバー


Rose’s Strategy of Preventive Medicine

1992年に出版されたRoseの名著。今回、KhawとMarmotのコメンタリー付きで新たに出版された。いわゆるハイリスクストラテジーとポピュレーションストラテジーの紹介だけでなく、疫学と公衆衛生の関係に関して、また医学専門家が果たすべき役割に関してもRoseの主張が書かれてあり興味深い。一つ一つの章が短く、テキストというよりは、読み物としての感覚に近い。
Rose's Strategy of Preventive Medicine
  • 著者: Geoffrey Rose, Kay-Tee Khaw, Michael Marmot
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press
  • 発売日: 2008/03/15
  • メディア: ペーパーバック

サイト内検索

ページビュー: 402997

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.