博士課程の紹介

2011/7/26

コース内容の紹介

当教室では以下の3コースがあります。

研究者養成コース

  • 疫学方法論・生物統計学を基礎から勉強します。疫学方法論・生物統計学は、社会医学研究だけでなく臨床研究全般でも必要とされています。
  • 自ら研究テーマを選び、研究プロトコールを書き、研究費をとり、データを集め、解析して、論文を書くことができる能力を養成します。
  • 優秀な疫学研究者は、社会医学関連の国立研究所や大学で強く求められています。


行政官養成コース

  • 国、県、市町村の衛生行政に携わる仕事につくための、知識、経験、技術、態度をもった専門的人材を養成します。保健所長の資格取得も推奨しています。
  • 厚生省や岡山県、岡山市で活躍中の同門会OBが強くサポートしてくれます。


実践家養成コース

  • 地域保健や産業保健、予防医学の現場におけるプロを養成します。
  • 特に産業保健の専門家である「産業医」については、単なる産業医資格の取得だけでなく、真の産業医に必要な知識、経験、技術、態度をきちんと習得した産業医の養成を自信をもって行っています。こうした産業医は企業から強く求められています。
  • 日本産業衛生学会専門医の取得も可能です。


卒業後の進路


研究職、産業医(専属・嘱託)、地域行政、厚生労働省、医療機関など多岐に渡ります

サイト内検索

ページビュー: 411602

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.