2020/11/4

【論文出版】国内における新型コロナウィルスの流行期における過剰死亡の検討

国内における新型コロナウィルスの流行期における過剰死亡を評価したレターが
Journal of Epidemiology誌に掲載されました。人口動態統計を用い、2020年1月~
7月までの死亡を、過去2年(2018年と2019年)の同時期の死亡数と比較したとこ
ろ、4月には過剰死亡が生じていましたが、その他の月は過去2年と比べ死亡数が減
少していました。特に、1月~5月までの死因別死亡数の変化を検討したところ、イ
ンフルエンザや肺炎などの呼吸器系疾患による死亡、感染症による死亡、循環器系疾
患や事故による死亡が減少していました。

Yorifuji T, Matsumoto N, Takao S.
Excess all-cause mortality during the COVID-19 outbreak in Japan.
J Epidemiol. 2020 Oct 31. doi: 10.2188/jea.JE20200492. Online ahead of
print.

→本論文へのリンク

サイト内検索

ページビュー: 895937

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.