2017/9/27

STATAによる統計解析集中講義を実施しました

 HSPHのXiaoyu Li先生による、STATAを用いた、重回帰、ロジスティック回帰を中心としたコンセプトとサンプルデータを用いた説明、およびラボワークを3日間にわたって集中講義で実施しました。

 個人的にはestoutコマンドでロジスティック回帰の結果を複数のモデルにわたってオッズ比および95%CIをまとめて表示できるようになり、大変有意義でした。




サイト内検索

ページビュー: 432068

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.