2015/6/10

クロアチアの高校生におけるソーシャル・キャピタルと健康に関する論文出版のお知らせ

近年、ソーシャル・キャピタル(人とのつながりにより得られる社会関係資本)と健康の関係を明らかにする研究が注目を集めています。しかし、これまでの研究の多くは成人を対象としており、青年期におけるエビデンスは十分に得られていません。この度、クロアチアの首都ザグレブに住む高校生3,427人を対象にした大規模疫学調査の研究結果がBMJ Openに出版されました。

本研究では、ザグレブにある高校の中から20の高校を無作為抽出し、17歳から18歳の高校生を対象として、家族、近隣、学校の三つの社会的文脈におけるソーシャル・キャピタルを質問紙調査で評価しました。そして、それらが高校生の主観的健康とどのような関連があるかを、一般化推定方程式 (generalized estimating equation: GEE) を用いて検証しました。その結果、家族におけるソーシャル・キャピタル、近隣における信頼、学校における互酬性が、高校生の健康に良い影響を及ぼしていることが示唆されました。

本成果が、今後のソーシャル・キャピタル研究の一助になることが期待されます。

Novak D, Suzuki E, Kawachi I.
Are family, neighbourhood and school social capital associated with higher self-rated health among Croatian high school students? A population-based study.
BMJ Open. 2015;5(6):e007184. (doi:10.1136/bmjopen-2014-007184)
本論文へのリンク



サイト内検索

ページビュー: 694369

▲ このページの先頭へ

Copyright© 2008 Okayama University All Rights Reserved.